<< 休校期間中の予習。どの単元が「熟練度不足だとヤバい」か01 | main | 休校期間明け、どれくらい出来るようになっていますか?01 >>
2020.04.30 Thursday

休校期間中の予習。どの単元が「熟練度不足だとヤバい」か02

0

    こんにちは。Shin学び塾、塾長です。

    きょうは、「休校期間中、この単元だけはできるようにしておきましょう!」というお話の続きです。

     

    ・だいたい3〜5月の内容に当たると思われるものを扱います。

    ・今回は中1〜高1について記述します。

     

    地域によって教科書会社が違ったり進度の差異もあるでしょうが、「この単元は、学年をまたいで重要なんだなあ」という意味でお読みください。

     

    ---------------

    「できるようにする」とは、「問題を解いてみたら一人でできる状態にまでなっている」ということです。

    決して、学校プリントを全部うめたとか、資料を全部読んで分かったと思う、という状態ではないですからね。

    ---------------

     

    最低限ここはおさえておこうリスト

     

    【中1】

    ・ 国語: 教科書の予習範囲(または余分めに)”新出漢字”が書けているかどうか確かめましょう。 漢字はとくに休校明けに軽視されてしまう可能性が高いうえ、読み書きにハンデを負います。また、「文法分野:文節と単語」は、できないと高校生まで傷を引っ張ります。

    ・ 数学:「正負の数の計算」を、+−×÷すべてで安定してとけるように。分数・小数混じりでも、です。ここは80パーセント程度の正解率ではだめで、100%近くの正答率になった時点で達成とします。プラスマイナスが怪しいと、後で方程式の文章題をといたときにモタついてしまったり、せっかく解いてもひとつの計算ミスのせいで台無しになったりするからです。塾の強化解説項目です。

    ・ 英語:まずは英単語がすらすらと”書ける”ことです。読めるとか意味が分かる程度ではだめです。中学生は教育要領の改正によって、使う英単語の種類が現在より数百語〜千語レベルで増える予定があります。テストのときに「ほんとうは読めるんだけど、書けないなあ」という状態だと、テスト的には解答用紙が✖印で真っ赤になり、点数がとれません。塾の強化解説項目です。

    ・ 理科:(自習でまかなうことが可能ならば、「植物」の単元がこの時期です。顕微鏡などの、テストに操作法が出題される実験機材を実際に使う経験が減ることが痛いです。)

    ・ 地理:(自習でまかなうことが可能ならば、「世界のすがた(国名や経度、緯度、気候など)」がこの時期です。もし国名などがいまだに怪しいならば、覚えておきましょう。)

    ・ 歴史:(自習でまかなうことが可能ならば、歴史の学習をすすめてゆきましょう。)

     

    【中2】

    ・ 国語: 教科書の予習範囲(または余分めに)”新出漢字”が書けているかどうか確かめましょう。 理由は同上。 また、「文法分野:動詞(と形容詞、形容動詞)」は、できないと高校生まで傷を引っ張ります。

    ・ 数学:「多項式の計算」「文字と式」文字を使った式が作れて、計算もできるように。今年も方程式でずっと文字式を使い続けます。余裕をみて「比例・反比例」の文章題までひととおり解けるように。入試でかならず使います。塾の強化解説項目です。

    ・ 英語:単語のことは中1と同じです。そのほかに、「be動詞」「一般動詞」の復習をして、この基本部分は正答率100%近くになるように。「三単現のsをつけ忘れた」「一般動詞の疑問文に対して"Yes, he is."で答えて疑問をいだかない」こういう現象はかなり多くみられます。塾の強化解説項目です。

    ・ 理科:「化学変化と原子・分子」の単元がこの時期です。入試までずっと発展問題が続いていくので、この序盤で引っかからないようにしたいです。塾の強化解説項目です。

    ・ 社会:(自習でまかなうことが可能ならば、地理・歴史の学習をすすめてゆきしょう。)

     

     

    【中3】

    ・ 国語: 教科書の予習範囲(または余分めに)”新出漢字”が書けているかどうか確かめましょう。 理由は同上。 また、「文法分野:助詞 助動詞」は、できないと高校生まで傷を引っ張ります。

    ・ 数学:今は復習として、「(連立)方程式の文章題」「関数の文章題」をいっぱい解いておくとよいです。なんとなれば、入試では因数分解ができることよりも方程式と関数ができることのほうが入試の点数を支えてくれます。

    ・ 英語:中1、中2の注意事項を練習することは前提とします。そのうえで今は「過去形の不規則変化」「過去分詞の不規則変化」を覚えて書き間違えのないようにしておくと、この先ずっとラクになります。最低限、教科書のさいごのあたりにある一覧表のぶんは覚えましょう。塾の強化解説項目です。

    ・ 理科:「運動とエネルギー」の単元がこの時期ですが、入試年ということで過去にやった単元が大丈夫かどうか確認します。問題を少しずつでも解いて、復習すべき苦手分野を洗い出しておきましょう。

    ・ 社会:地理・歴史の単元がこの時期で全範囲を終えます。入試においては全範囲が普通に解けることを求められるので、この時点で過去にやった単元が大丈夫かどうか確認します。問題を少しずつでも解いて、復習すべき苦手分野を洗い出しておきましょう。

     

    ※どの教科も、入試においてはほぼ均等に出題されます。中1の範囲、中2の範囲も点数としては等しい価値をもつので、受験生は初めて見る単元を自習するより、過去の範囲を安定化させておくことのほうが学習しやすく、点数になると思います。

     

    【高1】

    ・ 国語:漢字は今更かもしれませんが、できない自覚があるならばやっておきましょう。読み書き弱いのは致命的です。また、「古典文法」「中学までの現代語文法」は、塾の強化解説項目です。

    ・ 数学機А崚験」「因数分解」が高校範囲まで100%近くの正解率でサッと解けるように。高校生は書くべき式が長いです。なので、”ちょっと間違えちゃうかも?”という程度の熟練度だと点数がとれません。(長い式の中で一か所ミスっただけでもバツになります。)

    ・ 数学A:(「集合」の単元がこの時期ですが、そう危険ではないです。)中学レベルの「場合の数」「確率」について100%近くの正解率でサッと解けるようにしておきましょう。1学期後半相当の単元に「場合の数」「確率」が出てきますが、ふつうに5ケタの数字が出てきます。中学では多くて3ケタだったはずですね、まず中学時点の問題の解き方・樹形図はスラスラと出るようにしておきましょう。

    ・ 英語:中学文法が怪しいままの人は、復習して余裕でできるようにしておきましょう。中学文法でひっかかっているようだと、テストではその凡ミスのせいで、書いた英文全てをバツにされてしまい、悲しいことになります。中学程度の基本でミスることのないように。また、「品詞」という考え方を中学でマスターしている人はあまりいません。高校では解説用語として当たり前に出てくるので、品詞の区別はできるようになっておきましょう。

    ・ 化学:「物質量」の考え方がわかり、計算ができることです。高校化学のすべてはここです。もし物質量計算がスラスラ解ける人ならば、なんとなれば授業を半年サボっても受験学年で取り戻しできる。それくらい大事です。塾の強化解説項目です。

    ・ 物理:「物体の運動」の単元がこの時期です。自習で問題が解けるレベルまで理解できる人ならば大丈夫でしょう。そうでなければ全部解説が必要になるはずです。高校物理は、覚えごとというよりも数式と理論の積み重ねなので、しっくりくる人はそれで良いけれど、しっくりこない人は相当の努力が必要となるでしょう。塾の強化解説項目です。

    ・ 生物・地学:(自習でまかなうことが可能ならば、学校から指示された学習をすすめてゆきしょう。)

    ・ 社会:(自習でまかなうことが可能ならば、学校から指示された学習をすすめてゆきしょう。)しかし、一度やって覚えたつもりでも、単語や説明というのはテストではまったく書けないものです。確認として、一問一答問題集などを買って最低限でも単語はスラスラ答えられるようにしてみましょう。これ、結構無理難題を言っていますよ。中学の社会とくらべてかなりヤバいと思っておきましょう。

     

     

    やっぱり、学校にかよって毎日教わる、ということは多くの人にとって学力の下支えになっているのだなあ、と思います。自習で問題をかかえない人は相当”できる”人なので、多くの人は自習で困りごとが出てきます。そんなとき、相談できる誰かに教えてもらうのも大事だと思います。

     

     

    【宣伝】

    塾では、AIを利用したオンライン演習教材(映像見るだけという教材でなく、問題をといて学ぶタイプの教材。説明もきちんとありますよ。)をご用意しています。きちんと解答ができるようになるまでAIが弱点診断と演習を実施してくれるので、チャレンジしてみてくださいね。

     

    JUGEMテーマ:勉強のこと

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM